株主でなくても使える株主優待券!お得な活用法特集【controlled-insanity】

- スカイマーク株主優待券を活用しましょう

スカイマーク株主優待券を活用しましょう

スカイマークの航空株主優待券は株主でないと入手出来ないと思ってしまいがちですが、購入する事が出来ます。
もちろん株主でしたらスカイマークから送られてくるので、利用は出来ますし、株主本人以外でも使用が出来るのです。

【株主の場合の使い方】


たとえばスカイマークを1000株持っていると、年間で1枚の株主優待券がスカイマークから送られてくる事になります。
株主が国内旅行へ行く予定があったり、旅行が好きだったり、ビジネスなどで使う予定があればそれを利用出来ます。
まず、株主優待券を持っていると、スカイマークの航空券が半額で購入する事が出来るのです。
全国どの路線でも使う事が出来、普通運賃から割り引かれるという事で非常にお得なチケットになります。
チケットの購入は当日でも購入する事が出来、空港の発券機でバーコードリーダーを利用して発券する事が出来、非常に便利なのです。
また、予約も出来ますし、変更なども出来るので非常に柔軟性のあるチケットという事になります。
このように株主でも国内旅行の予定がある人であれば活用する事が出来、安くスカイマークの飛行機のチケットを購入する事が出来るのですが、使わない株主も中には居るのです。
その場合はどうするのでしょうか?

【株主以外の場合の優待券入手方法】


スカイマークの株主だけれども飛行機には乗る予定がない場合は、その株主優待券を売る事が出来ます。
多くは金券ショップへ売ったり、またはオークションで自ら出品者となり売る事が出来ます。
もしくは、友人や知人へ直接売る事も出来たり、プレゼントする事も可能です。
そして、金券ショップや、オークションで売られている株主優待券「http://ac-ticket.com/」を購入して、株主ではないのですが、利用する事が出来るようになっています。
購入したからといって、その金額でスカイマークの飛行機に乗れるわけではなく、優待券を持っている事で、普通運賃から半額で航空券が買えるという事です。
年末年始や、ゴールデンウィーク、お盆などのフライトの価格が上がった時に利用する方法が上手な使い方になるでしょう。
ピーク期に購入した株主優待券を使う事で、通常で購入するよりも約7000円から8000円近く安くなるので、優待券を持っておくといいかもしれませんね。
株主でなくても購入して使えるので、旅行費を浮かせる為にも活用している人は多くいます。
もし通りかかった金券ショップや、眺めていたオークションで株主優待券が売られていたら安くで購入してみるという手もありますね。

Copyright(C)2014 株主でなくても使える株主優待券!お得な活用法特集【controlled-insanity】 All Rights Reserved.